プラントスピリットの香りを世界各地よりお届け
ホームアロマセラピーのパイオニア、ディエットアロマ創立者の物語
アロマセラピーのパイオニア、Louis Sevelingeの物語 Louis Sevelingeはリヨン大学で薬学の研究をして板。薬学の博士論文のために、ルネ マルセル ガトフォセによって行われた研究に取り組んでいた。化学技術者、ルネ マルセル ガトフォセは、(アロマセラピー)エセンシャルオイルを使用して治療した最初の人と呼ばれていた。::::::: 1927年、Louis Sevelingeは下記の題名で論文を提出した。ペパーミントエセンシャルオイル::::: ペパーミントエセンシャルオイルおよびその派生物の殺菌の能力::::: This work gave rise to a veritable passion for aromatherapy and この論文はアロマセラピーおよび植物療法(フィトセラピー)に対して真の情熱をもたらした。1935年に薬剤師になって、エッセンシャルオイルに基づいた内服使用のための調剤専門家に初めてなった人であります。::::: 1945年にフィトアロマ薬剤研究所を設立::::: アロマセラピーおよび植物療法のパイオニア、Louis Sevelingeはバルネ博士、 Quiquandon およびフランコムを含む多くの人々に情熱を伝えた。また、彼は数多くの会議に参加して研究および業績ついてのいくつかの論文を発表した。::::: 1966年に、ラボワトール・ディエットアロマを設立してまさしくフードサプリメントの発端の人であった。::::: 資格::::: 薬学博士、リヨン大学医学、および薬学での薬剤師、衛生学および微生物学の学位::::: 農業地質学および農化学の資格証書::::: 農業植物科学資格証明書:::::  理学博士(農耕学科)::::: 学士、細菌学研究所でRochaix,教授の助手::::: 1945年に、1967年以降研究だけに身を捧げたフィトアロマ薬学研究所を設立した。::::: いくつかの学会論文と刊行物::::: 著者のいくつかの学会論文、Doctor FESNEAU,博士と並んで参加:::: 1954年ミラノ、国際アロマセラピー会議::::: 1956年オランダ、ライデン、 薬理科学会議でコレステロール関する講演::::: 1957年ワシントン、生化学会議で感染性の白血病に関する講演::::: 1976年ビエンヌ、ナチュラル・メディスン会議で驚嘆すべきエセンスパワーに関する講演::::: 1977年ローザンヌ、化粧品会議でアロマセラピーと化粧品との関する講演:::: 1977年フローレンス、ナチュラル・メディスン会議での治療におけるエセンシャルオイルの活性および塗布に関する講演::::: in the nature congress in Basel in September 1979 with a talk 1979年バーゼル、自然会議でのアロマセラピーおよび生体電子工学に関する講演::::: いくつかの論文を Le toubib(医師)、« Pratique et recherche médicale » (医学研究および実践)などの雑誌に発表。::::: 上記の文章はディエトアロマから送られてきた創立者の英文を訳したものです。創立者の写真はエセンシャルオイルの化粧箱に印刷されています。
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス